育児休業を取得することにしました。

育児休業・・・
なかなか言い出す勇気とタイミングが必要でしたが、上司に相談したところOKを頂きました。
一応、取得時期や引き継ぎ対応など書類にして提出したのが、よかったのかもしれません・・・・
しかし・・・やはり人事評価など不安はあります。(法律で禁止されているが・・・)
また、結構言われたのが、妻も育児休業中なのに夫も取れるのか?でした。
妻も元気・子供も元気・私も元気。だから取る必要が無い?
予想はしていましたが、周囲の反応がイマイチでした。
なんとなくネガティブな状況にならないと取れない制度なんでしょうか?
そんなことないはず。
今回私が取得した理由は簡単で、妻と一緒に育児をしてみたいから。です。
この経験や価値観が、今後の仕事・生活・夫婦関係に大きく関係しそうだと思ったからです。
実際、私も子供が出来るまで、男が育児休業出来る事すらしりませんでした。
実際の男の取得状況は全体の1%~2%程度と低く、まだまだのようです。
ただ、意外だったのが国から育児休業給付金なる補助金が出ます。
支給額は月給のおよそ67%と半分以上もらえるのはありがたい。
だいたいの家庭での給与は男の方が高収入のはずだから、
男が積極的に取った方がいいと思ったのです。
それでも、直ぐに振り込まれる訳でもないし、何が起こるかわからない。
お金心配・復帰の心配などありますが、人生一度っきり。やりたいことをやろうと思う。
短い期間ですが、夫婦で協力して育児を楽しみます

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す