いわゆる優待タダ取りをやってみた。

私は、これまで厳密に「優待タダ取り」をした事がありませんでした。
で、今回2月銘柄でちょうどよい[3050]DCMでチャレンジしてみました。

まずは解説。
私の中では「タダ取り」とは、他の銘柄の配当金で相殺・
若しくは、100円以下は誤差の範囲としてタダ取りと扱う。
ではなく、
全くお金がかからない優待取得方法だと思っていました。
これまでの優待の取り方は以下の方法です。
1.現物取得
手数料:0円(※1)
貸株賃料:0円
配当金:あり
リスク:権利落ちによる原価割れ
資金は拘束されますが、配当と優待が頂ける王道の取り方。
2.単純クロス:現物買い・信用売りを同時に発注する。
手数料:あり(※1)
貸株賃料:あり(※2)
配当金:なし
リスク:現渡によりノーポジションの為、無し
優待が頂けるものの配当無し。+諸経費が発生
※1.松井証券にてボックスレート10万以下は無料。
※2.銘柄・借株日数により異なる。


どちら良いかは、人それぞれ。 
さて、DCMの株価は6万程度な為、松井証券で単純クロスをすると12万円となり、
手数料が315円が発生します。
その為、時間差による指値注文を行い、手数料分と賃料分の差額を頂こう
ってのが今回行いたいこと。
・どのくらいの差額を狙うか
時間差クロスは買いを当日・次の日に売りを行うことで、1日の約定を10万以内に抑えたい。
しかし、万が一当日同時約定した場合、315円手数料が発生する事を想定しておく。
あとは、貸し株手数料ですが、DCMを6万と想定すると1日約3.3円。
これを最高で約2か月クロスすると、200円の賃料。
念の為、最低でも約500円以上の値幅を取りたい。
私の場合、まず現物買いを590に指値を入れました。(*先週の話です

売り数量
価格
買い数量
49
596円
56 595円
134
594円
336
593円
122
592円
591円
35
590円 79
589円
45
で、590で約定しました!!。

すかさず、信用売りで597に指値を入れました。(成功優先で欲張らず
まぁ、当日中には売れないだろう・・・と思って。

売り数量
価格
買い数量
212 597円
49
596円
123 595円
78
594円
593円
99
592円
44
591円
35
590円 11
そしたら・・・、なんと・・・当日に約定してしました!!

この時、円安に急に動いたため、まさか!でした。
結果として・・・
差額が700円でしたが、当日約定で10万を超えてしまい-315円発生。
賃料が200円程度となり合計約500円となり思っていた通りにはなりませんでした。
それでも、差額が200円程度+優待が貰えるので、タダ取り成功かな。
ただ、時間差クロスは買い以上になる事を前提としており、
失敗すれば単純クロスよりもマイナスになる可能性があります。
クロス完了する前に暴落したら・・・など、リスクも大きい
ただ、数か月前から仕込みをすると、成功率があがりそうですので
今後もチャレンジして経験値を積もうと思います。

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • 名古屋55

    こんにちは。
    私は、松井証券を使っています。
    貴殿のブログを参考に『2月権利確定』の
       3087/ドトール
       8196/カスミ
       8267/イオン
    の『優待タダ取り』に挑戦してみます。
    結果は、2月末にお知らせします。

    2013年1月26日 5:20 PM
  • pon2k

    >名古屋55さん
    コメントありがとうございます。
    返答が遅れてすみません。
    参考にして頂けて光栄です。
    なかなかいいチョイスですね~。
    私は今回イオンは取らないつもりです。
    名古屋55さんの取得結果を楽しみしています~

    2013年2月1日 1:11 AM

コメントを残す